車を修理するときは見積もりが肝心

Pick Up

修理を早めに出さなければならない理由

災害に合い車が壊れた、そんなときはできるだけ早く修理に出しましょう。そのままにしておくと破損した部分がさらに拡大して、修理費用がさらに高くなってしまうおそれもあります。車なしでは生活できない環境で修理業者に出すと、その間足がなくて不便です。依頼する前に代車の有無を確認しておきましょう。
あれば、有料なのか、無料なのかも見ておくべきです。パーツの交換をするときに、新品を使うとそれだけ費用が高くなります。修理費用を極力抑えたい場合は、中古のパーツを選択すると良いでしょう。新品より数段お得になります。また、修理にかかる期間は業者によってさまざまです。予定していたよりも時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。また、そのときの混み具合にもよります。急ぎの場合は事前にどれくらい時間がかかるか確認しておきましょう。
また、スタッフの電話対応や接客態度も大切なポイントです。冷たい、作業が雑ではまた依頼したいという気持ちになれません。気持ち良く利用するためにも、スタッフの対応が良い業者を選びましょう。また、支払い方法も業者によって異なります。いくつかあるので、自分が支払いやすい方法を選択すると良いでしょう。

修理の依頼をする時の注意

以前、中古で買った自動車のエンジンの調子が悪くなりました。症状は走行中やアイドリング中にエンジン回転数が不安定になり最悪停止するというものでした。個人の車屋で購入し、自分は引っ越ししてしまったので購入店舗に持っていくことができないので、とりあえず自動車のメーカーと同じ近くのディーラーに持っていきました。
症状を伝え専用の診断装置でみてもらい、エンジンに空気を送る部分が故障しているとのことでした。修理費用は部品代と手間賃で6万ほどになりましたが、そのまま乗るわけにもいかないので修理をお願いしました。7日ほどで修理が終わりテスト走行を兼ねてそのままドライブにいきました。ところが20分ほど運転したら以前と同じようにエンジンの回転が不安定になり、信号で止まっているときにエンジンが停止。全然治っていませんでした。そのまま修理依頼したディーラーに持っていきましたが、ディーラーは再度、調査するので何日か待ってほしいといい。
代車を借りその日は帰りました。次の日にディーラーから電話がありエンジンのパッキンがダメになりそこから空気が侵入していると連絡があり、修理費用は10万かかるといわれました。さすがにこちらも納得できないので最終的には3万ほどにしてもらいましたが、購入していないディーラーに修理を依頼するときは注意が必要だと感じました。

Recommended Contents

板金修理に関して

愛車に長く乗り続ける為には 車の修理でエンジンの修理というのは最終段階と言ってもいいと思います。エ…

Read

購入していないディーラーの修理対応

できるだけ修理代を安く 車が故障したとき自分で直すという人は滅多にいないと思います。車屋さんに修理…

Read

車修理の前にチェックしておくこと

ふいに起こった事故 これまで私が車の修理を行ったのは数回あります。そのうち一つは予想外の修理でした…

Read

車を修理するときは見積もりが肝心

修理を早めに出さなければならない理由 災害に合い車が壊れた、そんなときはできるだけ早く修理に出しま…

Read